奥羽自慢 酸基醴酛 番外編ふぞろいの酒米

奥羽自慢 酸基醴酛 番外編ふぞろいの酒米
生産者
奥羽自慢
生産地
山形県
容量・重量他
1800ml
価格(税別)
2,000円
在庫
これもまたお酒の縁が紡いでくれた一酒。
酸基醴酛(さんきあまざけもと)は、明治時代に生み出された仕込み法ですが、管理が難しいために幻となってしまった酒母(酛)の製法で、米・麹・水を高温糖化した甘酒に純良な乳酸菌を添加して優良な乳酸を生成し、味の汚れとなる雑菌の排除と最後までへこたれない強い酵母を育成するという、生酛でも山廃酛でも、もちろん速醸酛でもない独特の味わいときれいな後ギレが持ち味です。
この番外編は契約栽培米に含まれた等外米も使っているため「純米酒」と名乗れませんが、原料は米・米麹のみで醸造アルコールは添加されていません。
初めて試みた山廃仕込みの参考になれば…と挑んだ古式ゆかしい酒母仕込み。できあがった酒は「こういう純米酒が新潟にあれば…」と溜め息が……。
Please follow and like us:

2 thoughts on “奥羽自慢 酸基醴酛 番外編ふぞろいの酒米

Top